Posted by admin | シドニー | 木曜日 10 3月 2016 11:13 AM

最近よく耳にする言葉、イースター。
東京ディズニーランドでは最近イベントをやっています。

そもそもはキリスト教徒にとっては大きなイベントなんです。
イエス・キリストが死後3日たって蘇ったといういわれがあり
またの名を「復活祭」。

春分の後の最初の満月の後の日曜日に盛大にお祝いをします。

そこでよく目にするイースターエッグ
卵は「生命の始まり」を意味しています。
ひよ子が卵の殻を割って出て来るようにイエス・キリストも
死の殻を破って蘇ることの象徴なのです。

そこで、卵に小さい穴をあけて中身を出し、その卵をきれいに
装飾して飾ります。

最近は、そもそもの意味より卵の可愛さを競うイベントみたいに
なっていますが、それはそれでご愛嬌。

egg
シドニーではイースターの時期に
「シドニーロイヤルイースターショー」が2週刊開催されます。

www.eastershow.com.au

地元ではかなりの規模のイベントだそう。
農作物や酪農品の品評会などもあり
その土地土地の文化や習慣を知ることができる
大変楽しいお祭りなのだとか。

豚を風呂に入れる、まきを割る、などなど
日本では見られませんね。

是非シドニーに留学した際には一緒にイースターを
体感してみたいです。

会場には小さな遊園地や動物とのふれあいコーナーもあり
小さなお子様からお年寄りまで楽しめます。

世界のイベントtop10に入る、とも言われる位
エンターテイメント性のあるイベント。

とにかく美味しい食べのもが一堂に揃うらしく、
お腹も大満足できるでしょう。