アボリジニの3姉妹伝説が残る国立公園

Posted by admin | 珍しい×× | 火曜日 3 5月 2016 10:41 AM

それに向かって貯金&勉強をしている私にとって
モチベーションはなんといってもネットサーフィン!

ってこれって既に死語化していますが
シドニーやオーストラリア関連の記事を見たりして
「いざ、留学したら、ココに行きたいな」とか
勝手に妄想しております。

自分の家で誰にも迷惑かけない楽しみの一つです。
でも淋しいですけどね。ふと我に帰ると(>_<)

オーストラリアの先住民アボリジニの歴史は丁度今
勉強中でもあるのですが
なんか素敵な世界遺産があるそうです。
スリーシスターズという断崖絶壁が3つ立っている所で
ブルーマウンテンズ国立公園の中にあります。

シドニー市内から車で約2時間程度、ニューサウスウエールズ州内にあります。
エコーポイントという展望台から、この3柱の断崖絶壁が
とても美しく見えるそうで、大人気の観光スポットなんだとか。

この辺りは砂岩が織りなす不思議な光景があちらこちらに
見られるそうです。
この3本の断崖絶壁は900mを越えており、この高さのものは
なかなかないのだとか。
背後に広がるのはユーカリの森。なんとなく青みがかって
見えるそうです。

なぜスリーシスターズ?アボリジニの美しい三姉妹の
伝説があります。
この地で生活を営んでいた仲良し3姉妹。父親は祈祷師でした。
ある日、魔物が襲ってきた時
父親は娘たちを守り、隠すために岩に姿を変えたそうです。

父親自身はコトドリに姿を変えましたが、元の姿に戻れなかったのだとか。同時に娘たちもそのままの姿で戻れなくなって
しまったそうです。

ちょっと切ない話ですね。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。